クライミングの聖地・谷川岳一ノ倉沢で初めての外岩クライミング体験!

谷川岳に聳える大岩壁・一ノ倉沢。劔岳、穂高岳と並ぶ日本三大岩場の一つにも数えられるこの絶壁で、初登攀の名誉を求め数々のクライマーが挑んだ物語は日本の登山史に刻まれています。

今回、その大岩壁に挑むのはインスタやYoutubeで山の魅力を発信している、千野美樹さん(@yama_to_miki)。クライミング初心者の彼女でも登れるとっておきの岩場を地元のガイドさんがリードしてくれました。そして今回はクライミングと合わせて、ふもとのみなかみ町観光も満喫。充実した旅の様子を千野さん執筆のエッセイでお届けします。

2020.12.11

千野 美樹

アウトドアブランド「ACTIBASE」「仙」ブランドマネージャー

INDEX

1日目|初めてのみなかみ町観光

1時間と少し。東京から新幹線に乗った私は、群馬県みなかみ町に着きました。みなかみ町の雄大な自然が好きでこれまでにも何度か来たことがありますが、今までは登山だけが旅の目的でした。

でも今日は登山だけじゃなくて観光もできる! とは言え、天気は生憎の雨…。低く垂れ込める灰色の雲に少し落ち込みながら、レンタカー屋さんで車を借り、上毛高原駅を後にしました。

〜情緒溢れるたくみの里〜

20分もしない内に「たくみの里」に到着。ここは木工、和紙などの伝統的な手作り体験や、地元の食材を使った美味しい食事、果物狩り、里山めぐりが楽しめる、みなかみ町の誇る観光スポットだそう。

車を降りてびっくり! なんと風情のある街並みなのでしょうか…。真っ直ぐに敷かれた大きな道路の脇に立ち並ぶ屋根の低い木造の家屋。ここはたくみの里の中でもメインとなる「宿場通り」。雨でしっとりとした空間に日本ならではといった建物がなんとも凛々しい。

この宿場通りは昔、江戸と越後を結ぶ重要な交通路だったそうです。江戸時代には宿が立ち並び、藩主が宿泊や休息に使っていたといいます。現在は歴史国道に指定されています。和の風景に感動し、すっかりテンションの上がった私は傘も刺さずに散策。雨もぱらつく程度になり、町並みは濡れてキラキラと輝いていました。

たくみの里には宿場通りの他にも庄屋通り、寺通りがあります。そしてこの3本の通りには”家”と呼ばれる施設が点在しており、昔ながらの手法で様々な手作り体験ができる体験工房となっているというのです。

〜「ふれあいの家」初めてのそば打ち体験〜

早速、私が向かったのは庄屋通りにある「ふれあいの家 そば打ち道場」。

ここでは自分でそばを打ち、それをすぐ隣のお店で食べることができます。体験料はひとり1,200円。そば打ち人生初体験! エプロンをつけていざ開始です!

一番初めはサラサラの白い粉…。こんな粉の状態でも、そばの強い香りがしました。最初は少量のお湯と水を加えて都度混ぜます


実はこの作業がそば打ちの中で一番大事らしい!! ダマにならないように、ダマにならないように…。


サラサラになってきたら今度は力を込めてコネコネ! 赤ちゃんのほっぺみたいにふっくらもちもち、まん丸の生地。この工程は難しいので、工房のお母さんが助け舟。 素早く丸くしてくれます


これを麺棒でグーッと伸ばして…

ちゃんと道場のお母さんが見本を見せてくれて、後ろで見守ってくれているから初めての人でも安心です。

生地が伸びたところで今度は切っていきます。持ち方、切り方を丁寧に教えてもらっていざ入刀!



人生初体験のそば打ち。感想は…とっても楽しかった! 今まで麺の状態でしか見たことがなかったそばを一から作り、様々な形へと変わっていく様がとても面白かった!

できたてのそばを預けて道場の隣のお店へ移動します。

ここで自分が打ったそばが出てくるのです…ドキドキ。そして出てきたお蕎麦がこちら

うわぁ〜〜〜! なかなか上出来ではないか…照。
自分の打ったそばがお店から出てくるというのもなんだか不思議。さあお味はどうだ?パクッ

ん〜〜美味しい!

あっという間にペロリと食べちゃいました。私、そば打ち職人になれるかも! なんて思っていたけど、お店のそばを少しいただくと…びっくり! 全然違う! 同じ作り方のはずなのに…なんだろう、コシが全然違うのです…。うーむ、参った。やはりプロは違いますね。

自分が作ったそばとお店のそば、食べ比べてみるのも貴重な体験でした。このふれあいの家ではそば打ちの他にもフルーツの収穫や食育体験もできるそうです。

〜「草木屋 染の家」自然素材の染物体験〜

お腹も満たされたところで、やってきたのは、宿場通りにある「草木屋 染の家」。ここでは草木染め体験ができます。草木染めとは、自然の素材から染める伝統技法のこと。

染料となる素材が置いてありました。栗からも色が取れるなんて!

ここでできる染物体験は2種類。ひとつは手ぬぐいを藍で染める絞り染め体験。もうひとつは型を使って好きな柄に染める体験です。型を使った染め物体験は、草木屋さんならではのもの。400種類の型紙を自由に組み合わせて、布を好きな柄に染めることができるそうです。せっかくなので挑戦することに。

今回私が染めるものはトートバック。体験料の一人1,500円はなんとトートバック込みのお値段です。

早速、型選び…、なのですが400種類もあるとなかなか決まらない。あーこれも良いしあれも良いし…どれにしよう?この悩んでる作業も実はワクワクして楽しいのです。

ようやく決まった型を持って、まずはこの体験で使う染料を店主の山崎さんから教えてもらいます


今回使う染料。藍(右上)、茜(右下)、えんじゅ(左下)、藍とえんじゅを混ぜたもの(左上)

自然のものからこんなに濃い色がとれるのかぁ〜とまずは染料に釘付け。そして次に染め方。この体験では染めの工程に筆を使います。染料を筆でとって、型を置いたところに乗せていくのです。

型を置く場所を決めたらしっかりと抑えて、染めていきます。

私が選んだ型はこの鯉の型。染めている最中は無心になってしまいます。染料をこまめに筆につけながら、優しく生地に乗せていく…

で、できたぁ〜〜! 虹色に輝く美しい鯉! 草木染めのふんわりとしていて奥深い色味に心を奪われます。こうなるともう楽しくなってきちゃいました。次々に型を変えてどんどんと染めていきます。両面染めたら完成。

自分で染めたトートバックを手に、優しく教えていただいた山崎さんと

思い出だけでなく、とっても良いお土産ができちゃいました。ちなみに手ぬぐいの絞り染め体験の完成イメージはこちら。

同じ藍染でここまで違う柄に出来てしまうなんて…

出来たものは山崎さんが袋に詰めてお渡ししてくれました。作ったものがすぐに持ち帰られるって良いですよ! ちなみに、自分で染めたいものを持参して染める、ということもできるみたいです。

草木染めって自然の素材を使っているので毎回同じ色が出るわけではありません。そこが草木染めの魅力なんでしょうね。また染めに来たくなってしまいます。山崎さんありがとうございました!

〜観光客で賑わう「道の駅たくみの里」〜

次に向かったのは「道の駅 たくみの里」。

ここにはこの地域で育てられた野菜や果物だけでなく、たくみの里の各家で作られたジャムや、工芸作品も販売されています。

壁一面に各家の作品が並んでいました。たくみの里には私が行ったそば打ちや染物体験以外にも、手すき和紙体験、ドライフラワーを使ったリース作り、お面の絵付け体験など20種類以上の体験工房があるんですよ。

道の駅の人気商品は「のむヨーグルト」。まろやかで濃厚なのに後味がさっぱりしていてとっても美味しい!


たくみの里は東京ドーム70個分ととても広い。それだけ魅力もたっぷりなのでレンタサイクルを使ってたくみの里を巡るのも良いかも

〜明日に備えて宿へGO〜

みなかみ町、初めての観光でしたがこんなに魅力があるとはびっくり! 雨だったのにそれを感じさせないくらい楽しめました。たった1日でこんなに充実してしまうとは…恐るべしみなかみ町!

明日はなんと谷川岳、一ノ倉沢にてクライミング。だから本日の宿は、谷川岳ロープウェイからすぐ近くの「土合山の家」にお邪魔します。

さすが、玄関の靴箱には登山靴だらけ。宿泊者はみんな登山客のようですね。なんだか山小屋泊のようでワクワクしちゃいます。

夕飯は美味しい赤城牛。う〜ん、パワーが出ちゃいます

明日は人生初のクライミング。毎週のように登山に行く私ですが、ガイドさんの講習を受けること自体も初めて。ワクワクとドキドキでいっぱいです!

2日目|人生初のクライミングで大興奮!

待ちに待った、クライミング講習の日。天気は…快晴! 昨日の雨が嘘のよう。朝8時、谷川岳山岳資料館の前で本日教えていただく、ガイドさんふたりと待ち合わせをします。

それがこのおふたり。

谷川岳のレジェンド的な山岳ガイド、みなかみ山岳協会員の長田厚実さん


みなかみ町で生まれ育ったという同じくみなかみ山岳ガイド協会員のかたのなおこさん

〜まずは一ノ倉沢に向かってレッツゴー! 〜

キラキラと日差しが差し込む木陰をお喋りしながら歩き出します。「今日は最高のクライミング日和ですね〜そういえばこないだ…」と、お互いのクライミング話で盛り上がるガイドのおふたり。聞いているだけで圧倒されてしまいそうです。

「私、クライミング初めてなんです。ボルダリングも最近始めたばかりで…」。するとガイドのかたのさん「大丈夫! 今までに見た事のない景色に巡り会えるよ! 」と満面の笑み。

その笑顔に少し安心しながら新たな山の魅力を見つけにレッツゴー! 私たちがまず向かっているのは一ノ倉沢出合。山岳資料館からスタートして約1時間の場所。

途中、道端に佇むある岩に目を奪われました。すごい迫力…この岩、写真で見た事あるぞ!

「これがマムシ岩ですね」

でた〜〜! マムシ岩! 確か今日、ここでもクライミング体験するのではなかったっけ…。

「あとでここ来ますからね〜ここも楽しいよ〜」

や、やっぱり…。これ登れるのか…!?想像以上に高いぞ…! もう私のドキドキは最高潮。ああ今日はとんでもない1日になりそう! そんな事を考えながら先を急ぎます。

そしてついに着きました! 一ノ倉沢出合!

なんと美しく険しく雄渾な自然の姿でしょうか…。まだらに染まる紅葉と、険しくそびえ立つ大きな岩壁が私を圧倒しました。待ってくれていたのかとびっくりするほど青々とした空が私の心をさらに弾ませます。この風景を見るため、一ノ倉沢出合までハイキングしに来る方もたくさんいました。

〜本日のクライミングポイント「ヒョングリの滝」に向かいます〜

沢沿いの狭く細い道を20分ほど歩いたところで開けたところに出ました。ここでハーネスの装着。ガイドさんが丁寧に教えてくれます。

ヘルメットも装着して…準備オッケー!


ガイドさんの腰にはヌンチャクがずらり。か、かっこいい…。(※ヌンチャクはスリングにカラビナが付いている登攀用の道具)


最初は川沿いの岩を渡って歩いていきますが、この辺からシマシマの模様が入ったツルツルの岩が出てきました。「これは蛇紋岩です。濡れているととっても滑りやすいので気をつけて」と、ガイドさんからアドバイス。本当に少しでも気を緩めたら滑りそう。気をつけながら今日のクライミングポイント、「ヒョングリの滝」を目指して歩いていきます。

今回私が挑戦するのはヒョングリの滝の横、この真ん中で三角形のように見える大きな岩。こうして見ると壁…というにはまだまだ角度が緩く見えますね。

でも、人が米粒のように小さく見えます。みなさん、お気づきでしょうか?この登っている人たち、そう、私とガイドさんです。うひゃ〜こんなところを登っていたのか…!

少しお話が先に進んでしまいました。話を戻して、私たちはヒョングリの滝に着いたところ。目の前の岩壁を見て一言…「い、意外に高い…」。

この壁をサクサクと登っていくのはガイド歴20年、クライミング歴はなんと40年の長田さん。支点にカラビナを使ってロープを通していきますが、びっくりするくらい早業。慌てて私もシューズを登山靴からクライミングシューズに履き替え、準備です。

〜靴を履き替えて…いざスタート! 〜

ビレイ(登山用語。安全確保のこと)をしてくれるのは女性ガイドのかたのさん。先に、どのルートで登っていくかを教えてくれます。「私がちゃんと支えてるから絶対に落ちないよ」と力強い笑顔で送ってくれました。

「いきまーす! 」と大きな声を出して、ふぅ〜っと一息吐いてからクライムオン!

剣岳や穂高など、岩場自体は初ではなかったものの、ロープを付けて登るのは初めてだったので、腰が少し上に引っ張られる感じが新鮮でした。3点支持を確実に行いながら、少しずつ手と足を上に上にと進めていきます。

上から見るとこんな感じ。ひょ〜割と急斜面! でも、岩場が大好きな私は終始ニヤニヤ。いかんいかん。気を引き締めて!



やった〜! ひとつ目の支点の場所に着いたぁ〜! と、この笑顔…

登ってる最中は超集中していて、とにかく上に上にという意識でいっぱいでしたが、いざ、登りきって見てみるととんでもないところに立っています。

支点に自分のカラビナをかけ、それを確認したかたのさんが上がってきました。私とは比べ物にならないほどのスピードなのに安定感があります。すごい…。

かたのさんが次にふたつ目の支点までのルートを教えてくれます。この岩ではこの2ピッチ目で終わり

一段一段が大きくて絶妙に登りづらい。足を一気に上げすぎるとバランスが取りづらく不安定に…。「もう少し下に足をかけられるところがあるよ」と長田さんがすかさずアドバイス。教えてくれた通りに足を置くととても安定しました。少しずつ、焦らずに…。

下からかたのさんにも見守られながら一歩ずつ確実に上に登ります。とんでもない高さにいること、下には川が流れていることを少しでも考えると手足がすくむので登っている最中はとにかく登ることに集中して上で待つ長田さんの元へと登っていきました。

あと、、もう、、少し、、

着いたぁぁ〜! !

思わずガッツポーズ。たった2ピッチだけどとんでもない達成感! 心臓がバクバクしています

続いてかたのさんも登ってきました。あ、あれ?私が苦戦していたところもサクサクと登ってる…カッコ良い…!

上で三人揃ったところではい、ポーズ!

これで私もクライマーの仲間入りかな? 見下ろすと先ほどよりもかなり下の方に川が見えます。ひょ〜〜! すごいところを登ってきたぞ…!

アルプスなど、標高3,000m級の山には何度となく登ってきた私なので、もちろんもっと高いところには行ったことがあります。それに比べたら全然低いところにいるのです。

なのに一体なんなのでしょう。景色がとんでもなく美しい。火照った体に流れ込む空気が痺れるほど美味しい。今までにないこの見応えのある景色を前に、達成感と高揚を抑えられずにはいられませんでした。そしてまた、この恐ろしいほど壮大な自然を前になんと自分は小さいのだろうと感じたのです。

もし、この奥の大岩壁を抜けて谷川の頂に立ったなら、私はどのように思うのでしょうか。自然に打ち勝ったと思うのか…いやもしかしたら、よりリアルに自然の凄みを感じることになるのかもしれません。

でも今回行ったのは、一ノ倉沢の序盤。始まりのほんの一部です。本来だったらここから長い戦いが始まるのか…クライミングって凄いなあ…心臓がドキドキして手が痺れました。

谷川岳の標高は1,977m。でも一ノ倉沢の高低差はなんと1,000m! 壮大な威圧感に満ちた岩壁は見た人全てを魅了する、と長田さん。実際にここで、その言葉の意味を全身で味わいました。

〜「マムシ岩」のマムシって…?〜

さて、一ノ倉沢ヒョングリの滝でのクライミング体験の余韻が続く中、今度は朝、通り過ぎた「マムシ岩」で再びクライミングに挑戦することに。改めてマムシ岩を目の前にして…、きゃ〜〜! 凄い迫力! !

そしてマムシ岩の手前には何かに怯える人だかりが…。どうされたんですか?と人だかりの方に行くとなんとマムシが居ます!

そう、なんとこのマムシ岩、名ばかりではありません。本当にマムシがよく出るのです。なんでも、岩にちょうど日光がさしてポカポカと暖かく、マムシの絶好のお昼寝場所になっているのだとか。他にも岩の形がマムシの頭の形にも見えることからマムシ岩と名付けられた説もあると長田さんが教えてくださいました。

さあ、今度は高さ約20mの巨大な岩壁、マムシ岩に挑戦です!

〜本日二度目のクライムオン! 〜

ここでは先ほどの復習をしながら丁寧に教えてくれます。まず、ロープの結び方。8の字を二重にして固定。長田さんが見本を見せてくれました。おお簡単そう! と私もやってみますが…


「うーん、違うね〜」と長田さんのチェックが入ります

クライミングはロープの結び方を間違えたりする事故が多いのだそう。だから、ここはほんとうに丁寧に、私が正しい結び方ができるようになるまで何度も教えてくださいました。教えた後、とりあえずやってごらん、と実践させてくださるのもとってもありがたい。いざ自分でやってみると頭で考えていたようにはできなかったり、実はちゃんと理解できていなかったりすることがよく分かります。やっぱりガイドさんが一緒にいると安心できました。

今度は登り方の指導。先ほどヒョングリの滝の岩壁を登る私の姿を見ていた長田さんは私の癖に気付いていました。

「壁から上体を離しながら登りなさい。その方が安定するよ。怖くて壁にべったりくっついていると、逆に足が離れやすくなるから」

なるほど…。体験している私からするととても分かりやすい説明でした。確かに、べったりくっついている時、足が不安定になって、腕で頑張ろうとするのです。そうするとだんだん腕が疲れてきてしまいます。上体を離して足を固定させる。よし、頑張るぞ!

私の中で気合いが入ります。いざクライムオン!


長田さんにアドバイスして頂いた、姿勢を意識しつつ、ホールドを探します。私が最近始めたボルダリングでは次にどこを掴む、という指示がありますが自然の岩には指示がありません。自分で探して登っていくのです。岩は少しオーバーハングになっていました。(※オーバーハング…前傾壁)

マムシ岩は道端にあるので、観光客の方も足を止めて、見守っています


もう少し…。気を抜かずに、もう少し! 下でビレイを取ってくれているかたのさんが小さく見えますね


着いた〜!

息していたかな? そんな風に思ってしまうほど集中していました。上からみる景色に驚愕。

オーバーハングなので岩の下部分は見下ろせません。今度はここを降りていきます。エイト環を使って自分でロープを持ちながら懸垂下降していくのです。

ここでもまた長田さんがエイト環へのロープの通し方、降りるときにロープのどこを持つのか、丁寧に教えてくだいました。教えていただいてから早速降りていきます。…が、実は先ほど、ひょんぐりの滝で懸垂下降をした時、半べそをかいた私。そんな私が一人で行けるだろうか? こんな高いところから降りられるだろうか? 一歩を踏み出す勇気があるだろうか?

不安が頭の中をぐるぐる巡ります。その瞬間、長田さんが私の肩にポンっと手を置き、大丈夫、やってみないと出来ないかどうかもわからないよ。出来なくてもぶら下がるだけ! 手を離してしまっても止まるようになっているから、と声をかけてくださいました。よし、と気合いが入り、降りる覚悟が決まります。

後ろに体重をかけて、足を踏ん張り、少しずつ、足場を見つけて降りていきます

だんだん、地面が近づいてきます。

そしてついに…

降り立った〜! ! 嬉しい! !

下で待ってくれていたかたのさんから「懸垂下降、上手になったね」と声をかけて貰えました!

あーーー嬉しい! 一気に達成感が溢れます! 自分がこの壁を登ったのかと感動。

最後はロープを首から下げてもらい、完全にクライマー気分! 今まで登山しかやってこなかった私、一歩ステップアップです。

緊張と興奮がギュッと詰まった、忘れられないクライミングデビューとなりました!

そしてガイドさんの丁寧な指導と力強いお声がけが私に勇気をくれました。それらがなかったらこんな挑戦は出来なかっただろうと思います。新たな山の魅力に気付き、私の中で新たな世界が開けたそんな1日でした。

初めてだらけの2日間、みなかみ町には魅力がたくさん

思えばこの2日間。私にとっては初めての経験ばかり。そば打ちに染物体験、そしてクライミング。何度も来ていたみなかみにはまだまだ知らない魅力がたくさんありました。

天気が悪くても、伝統的な工芸、情緒ある街並みを存分に楽しめます。天気が良いときには、迫力満点の壮大な自然の姿を見ることが出来ます。

たくさんの魅力が詰まったみなかみ町、ぜひ何度でも足を運んでみてください!

記事で紹介したスポット

たくみの里
住所/群馬県利根川郡みなかみ町須川847
電話番号/0278-64-2210

ふれあいの家
住所/群馬県利根川郡みなかみ町須川252-6
電話番号/0278-64-2288

草木屋 染の家
住所/群馬県利根川郡みなかみ町須川784
電話番号/080-3156-2210

土合山の家
住所/群馬県利根川郡みなかみ町湯檜曽土合220
電話番号/0278-72-5522

谷川岳山岳資料館
住所/群馬県利根川郡みなかみ町湯檜曽字湯吹山
電話番号/0278-72-6446

原稿・モデル:千野美樹
撮影:宇佐美博之
協力:環境省・みなかみ町観光協会

千野 美樹

アウトドアブランド「ACTIBASE」「仙」ブランドマネージャー

千野 美樹

アウトドアブランド「ACTIBASE」「仙」ブランドマネージャー

年間約80日間登山するほど山が好き。登山好きが高じてアウトドアの道を生きていくことを決意。アウトドアブランドを立ち上げ、オリジナルのバックパックなどをデザイン・製作している。現在は山の魅力をもっと伝えるため、「ACTIBASEチャンネル」というYouTubeチャンネルも開設し、山行動画や登山の知識などを発信

YAMAP STORE

YAMAPが運営する登山・アウトドア用品のセレクトオンラインストア