冬山登山【北海道編】初心者でも楽しめるおすすめの山とリアルタイム積雪情報

冬山初心者が雪山歩きや雄大な眺望を楽しめる山が、北海道には数多くあります。今回は、登山アプリ「YAMAP」のユーザーデータ[※1]をもとに、「冬におすすめ」もしくは「雪が楽しめる」北海道の山とその見どころ、また各山のリアルタイムの積雪情報をまとめました。札幌市街からすぐ行けるアクセス抜群の山から、360°のパノラマで海も山も湖も一望できる山、スノーシューや山スキーを楽しめる山まで、冬に楽しめる山をたっぷりご紹介します。いつかは行ってみたいお気に入りの山を見つけてみませんか?
[※1] 登山アプリ「YAMAP」のユーザーデータ(集計期間:2019年12月~2020年3月)をもとに、訪問者数の多かった人気の山を算出。

【特集】冬山登山2020−2021/すべてのエリアを見る

2020.12.23

YAMAP MAGAZINE 編集部

INDEX

冬山登山おすすめの山① 藻岩山(もいわやま)/札幌市

藻岩山の標高・コースタイム目安

標高:531m
コースタイム:往復約2時間(慈恵会コース)

札幌市のほぼ中心に位置する藻岩山は、四季を通して多くの登山客で賑わう人気の里山です。冬季も登山者が多いため、登山道の雪がしっかり踏まれていて登りやすいのが特徴。軽アイゼンがあると便利です。十分な雪が積もりながらも、手軽に冬山を楽しむことができます。山頂へはロープウェイやケーブルカーを利用して上がることも可能ですので、ファミリーでの登山にもおすすめです。また、山頂展望台で暖をとったり、カフェ利用が可能。軽食や温かい飲み物で冷えた体を温めるのもいいでしょう。

藻岩山の登山地図・詳細情報はこちら

藻岩山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山② 三角山(さんかくやま)・大倉山(おおくらやま)・奥三角山(よこしてやま)/札幌市

三角山・大倉山・奥三角山の標高・コースタイム目安

標高:三角山・311m、大倉山307m・奥三角山354m
コースタイム:往復約2.5時間(三角山・大倉山・奥三角山縦走コース)

札幌市街が一望できる三角山は標高311mの小さな山ですが、散策ルートが何本もあり、各ルートの分岐点には案内板、適所に休憩ポイントが設けられています。山麓からのんびり登っても1時間未満で頂上に着くことが可能なため、多くの札幌市民に親しまれている人気スポットでもあります。また、もう少し距離を伸ばした山行をと思うなら、大倉山ジャンプ競技場の頂上を経て奥三角山に至る、手軽で初心者向きの縦走コースもオススメです。大倉山のジャンプ台リフトを利用して登山を開始することもでき、より気軽に雪山を楽しむことができます。
     
三角山の登山地図・詳細情報はこちら

三角山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山③ 円山(まるやま)/札幌市

円山の標高・コースタイム目安

標高:225m
コースタイム:約1時間

円山は、札幌の中心部から程近い標高225 mの山で、札幌市民の行楽の場になっています。山の大部分は円山原始林として保護されています(厳密な意味では天然林)。円山は距離が短く、積雪があっても道がしっかりついているので、初めての雪山の感覚を気軽に掴むことができるでしょう。

円山の登山地図・詳細情報はこちら

円山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山④ 紋別岳(もんべつだけ)/千歳市

紋別岳の標高・コースタイム目安

標高:866m
コースタイム:往復約4時間

カルデラ湖である支笏湖の東岸にそびえる紋別岳。NTTの施設があるため山頂までアスファルトで舗装されていますが、一般車の乗り入れは禁止されています。その眺望は素晴らしく、眼下の支笏湖をはじめ、樽前山、風不死岳、恵庭岳がそびえるなど大パノラマが魅力です。比較的冬でも簡単に登れるため、北海道内の冬山入門の山として人気です。

紋別岳の登山地図・詳細情報はこちら

紋別岳のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑤ 函館山(はこだてやま)/函館市

函館山(御殿山)の標高・コースタイム目安

標高:334m
コースタイム:往復約2.5時間(登山口⇔水元山⇔御殿山山頂)

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に三つ星として収録されている「函館山からの眺望」を冬でも満喫できることでも人気のこの山。函館市街地と周辺の海や山が一望できます。函館山は、展望台のある御殿山 (334m)をはじめとして、薬師山 (252m)・つつじ山 (306m)・汐見山 (206m)・八幡山 (295m)・水元山 (280m)・鞍掛山 (113m)・地蔵山 (286m)・入江山 (291m)・エゾダテ山 (129m)・観音山 (265m)・牛の背山 (288m)・千畳敷 (250m)といった13の山々の総称。

ロープウェイを使って山頂までいくことも可能ですが、登山道も歩きやすく整備され、本格的な雪山装備ではなくても比較的気軽に登れるため初心者向きです。特に人気なのが、水元山と合わせて登るコースや、函館山の13ピークを踏破するコース。なお、函館山展望台への車両用登山道は、11月上旬から4月中旬までの間閉鎖されます。歩行者用の登山道は冬期間も通行可能です。

函館山の登山地図・詳細情報はこちら

函館山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑥ イチャンコッペ山(いちゃんこっぺやま)/恵庭市

イチャンコッペ山の標高・コースタイム目安

標高:828m
コースタイム:約3時間(登山口⇆山頂)

支笏湖の近くにあるイチャンコッペ山。標高もそう高くなく、支笏湖やその向こうの樽前山、恵庭岳などを望むことができて大変眺望の良い山です。登山開始直後に、30分前後続くかなりの急登はありますが、それ以降は大変な箇所などはほとんんどなく、初心者にもおすすめです。冬場でも登山者が多い山であるため、踏み跡がついていることがほとんどですが、積雪があった後の登山ではスノーシューがあると登りやすさが格段に違います。

イチャンコッペ山の登山地図・詳細情報はこちら

イチャンコッペ山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑦ 鷲別岳(わしべつだけ(室蘭岳))/登別市・室蘭市

鷲別岳(室蘭岳)の標高・コースタイム目安

標高:911m
コースタイム:約3時間(登山口⇆避難小屋⇆山頂)

鷲別岳は江戸幕府が決めた「鷲別岳」という呼び方が正式名称とされていますが、地元では「室蘭岳」として親しまれています。山頂からは海も山も一望でき、360°の大パノラマが楽しめます。また、登りに要する時間も1時間程度なので、初心者でも気軽に挑戦することが可能。一面真っ白に広がる雪原や樹氷など、冬にしか見ることのできない絶景は見逃せません。

鷲別岳の登山地図・詳細情報はこちら

鷲別岳のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑧ 白雲山(はくうんざん)/上士幌町

白雲山の標高・コースタイム目安

標高:1,186m
コースタイム:往復約3.5時間(登山口⇆山頂)

大雪山国立公園の南端にある然別湖の南湖畔に位置する白雲山は、抜群の高度感と展望を誇り北海道百名山の一つでもあります。山頂からは然別湖や十勝平野を望め、中でも冬場は、白く輝くウペペサンケ山や、凍った然別湖、防風林と雪とが描く十勝平野のパッチワークが見所です。また、ナキウサギの声が聞こえることも。然別湖畔コースと士幌高原コースがあり、両コースとも比較的登りやすいことから雪山初心者にもおすすめです。

白雲山の登山地図・詳細情報はこちら

白雲山のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑨ 風不死岳(ふっぷしだけ)/千歳市

風不死岳の標高・コースタイム目安

標高:1,102m
コースタイム:往復約4時間(登山口⇆山頂)

支笏湖の南側に位置する風不死岳は、樽前山、恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられ、360°ビューの山頂からは支笏湖を眺める大パノラマが広がります。すぐ近くの樽前山や恵庭山はもとより、遠くに羊蹄山や日高山脈などの眺望も。日本で一番きれいな湖とも言える支笏湖。透明度が高く、最大深度約360mの深い淡水湖で、日本最北の不凍湖としても有名です。雪をかぶった山々の白と、支笏湖のブルーのコントラストは絶景です。

風不死岳の登山地図・詳細情報はこちら

風不死岳のリアルタイム積雪モニター

冬山登山おすすめの山⑩ 塩谷丸山(しおやまるやま)/小樽市

塩谷丸山の標高・コースタイム目安

標高:629m
コースタイム:往復約3時間(登山口⇆山頂)

標高が600m台にもかかわらず、小樽や余市の市街、日本海、羊蹄山、ニセコ、暑寒別山、積丹半島まで見渡せるため冬山初心者にも人気の山です。また、低山の割に木がまばらに生えている箇所も多く、標高300m付近から山頂までの疎林帯ではスノーシューや山スキーを楽しみたい初心者にとっての入門エリアとして親しまれています。

塩谷丸山の登山地図・詳細情報はこちら

塩谷丸山のリアルタイム積雪モニター

冬山の注意点
・積雪期はコースタイムの1.5倍の時間を見積もって行動することをお勧めします。
・ゴンドラやリフトは運休することもあります。最新情報を施設サイトにてご確認ください。
・山小屋、売店、トイレなどの施設が冬季休業や営業時間の短縮をしている場合があります。事前によく調べるようにしましょう。
・雪山登山では天候や状況の急変などへの適切な対応が求められます。雪山初心者は必ず経験者と登り、単独行は避けるようにしましょう。
・紹介している山の中には、雪山登山経験者向けの山も含まれています。装備や必要な技術を事前に確認するようにしましょう。

全国の積雪最新状況は「リアルタイム積雪モニター」が便利

「リアルタイム積雪モニター」なら、知りたいエリア・山の最新の積雪状況がひと目でわかります。ぜひ自宅近くの山、お目当ての山をチェックして、冬山登山の計画を立てる際の参考にしてみてください。

トップ画像:yampapaさんの活動日記より

YAMAP MAGAZINE 編集部

YAMAP MAGAZINE 編集部

登山アプリYAMAP運営のWebメディア「YAMAP MAGAZINE」編集部。365日、寝ても覚めても山のことばかり。日帰り登山にテント泊縦走、雪山、クライミング、トレラン…山や自然を楽しむアウトドア・アクティビティを日々堪能しつつ、その魅力をたくさんの人に知ってもらいたいと奮闘中。